いろはにほへと

有益な情報をつぶやきます。

20代の投資は『少額・長期・分散』で本当に良いの?若いうちはミドルリスク・ミドルリターンの投資をやるべき理由とは!

 

f:id:iroha_fp:20200621224720j:plain

結婚や出産、住宅資金、それから子供の教育資金から老後資金まで、20代が残されたライフイベントは山ほどあります。

そんな中で、『20代から投資を始めて資産を増やしておけば、将来余裕を持った生活を送れるのでは』と考える人もいるはずです。

 

よく20代が投資をするのは『少額』『長期』『分散』などといったローリスク・ローリターンの投資手法を勧めている著書などがあふれています。

 

しかし、私はあえて少しリスクを取ってミドルリターンの投資をすることを勧めていますので、その理由をお話していきたいと思います。

 

今回のテーマは『20代の投資』についてです!!

 

『少額・長期・分散』の投資手法が多く支持を集めている理由

まず、私がこれまで読んできた書籍では、投資手法として『少額から始めて、投資対象を分散させて、20年以上放置しましょう。』のようなことを謳っているのをよく見ました。

人生100年時代』と言われるように、若いうちから老後の資産形成をするべきだ。という声が上がっており、実際わたしもこの声に対しては同意見です。

 

少子高齢化社会による年金制度の先細りは目に見えているからね

 

誰でも始められる『少額』から、若いから時間を武器に『長期』、リスクを抑える『分散』。

メリットを並べることでこの投資手法が良いんだ!と思わせることはできますし、投資信託ドルコスト平均法を使ってコツコツと貯金感覚で積み立て投資ができるのは日本人も好きなやつです。

 

つみたてNISAやiDeCoなどの後押しがあるのも大きなポイントだね

 

『少額・長期・分散』の投資手法が多く支持を集めている理由はだいたいこんなところでしょうか。

 

ミドルリスク・ミドルリターンの投資を推します

わたしも実際に『つみたてNISA』をしており、「なんだ分散長期少額投資やってんじゃんw」と思われるかもしれませんが、これには理由があります。

 

つみたてNISA自体に税制優遇があるのと、楽天証券のポイント狙いでやってるよ

 

 

積み立てるだけで1%のポイントバックが付き、楽天市場のSPU倍率が1倍増えます(笑)

 

同時にわたしはメインで個別株のトレードにも挑戦しています。

若いうちから長期・分散でコツコツと増やせばいいかもしれませんが、あえてこの道を選んだ理由がいくつかあります。

 

トレードの世界から退場を食らうリスクは少ないから

まず、ミドルリスク帯であればトレードの世界から退場するリスクが少ないからです。

リスクを取るならハイリスクでもいいんじゃないか?と思われるかもしれませんが、ミドル帯を狙っているのは退場しないからという理由です。

信用取引やFXでレバレッジを掛けるなどといったハイリスク・ハイリターンの投資をしていると、『下手すれば退場、最悪の場合は借金を抱える』といった事態になりかねないからです。

そこで、

 

『生活余剰資金・現物のみ・個別株のトレード』

 

これをミドルリスク・ミドルリターンの投資手法と位置付けています。

 

長期投資の元本を確保するため

しかし、若いうちの資産形成というのは『少額・長期・分散』で地道に確保していても元本が少ないためなかなか資産が増えていきません。

『お金に働いてもらう』ということを考えると、労働者であるお金が少なければ労働力も少ないですからね。

 

確かに長期投資で利益を再投資することで複利で雪だるま式に資産を増やすのは大切なことですが、はじめの雪玉が小さすぎるとなかなか雪だるまが大きくなりません

 

したがって、20代はある程度のリスク承知の上で個別株トレードに挑戦するべきだと考えています。

日本株でも良し、米国株でも良し。それは自分に合った市場を見つけてください。

 

若いうちしかリスクを取った投資ができないから

はじめからローリスク・ローリターンの投資手法を取るという選択肢もあります。

しかし、老後になってからの資産形成というのは、リスクを取らないのがセオリーです。

それは「死ぬ直前にリーマンショックのような事態になって資産が半分に・・・」ということになったら悲しいからです。

 

老後はローリスク・ローリターンの投資が原則です。

 

逆手に取ると、リスクを冒してでも投資ができるのは若いうちだけです。

若いからこそできることをやりたいと思わないかい!!

 

それでもあまりリスクを取りたくないという方は

ここまで熱く個別株の投資について推し進めてきましたが、銘柄選びや投資タイミングなど学ぶことはたくさんありますので、「そんなことできないよ!」という人におすすめの商品があります。

 

投資信託の中身が「株式型投信」となっているものを選んでください。

 

他にも、REITも比較的リスクの高い商品になっています。

わたし自身も、企業型確定拠出年金ポートフォリオは最近になって積極型に極振りするようにしました。

 

投資信託でリスクを取るなら初心者でもできそうだね

 

それでも、やっぱり元本割れのリスクが取れないという人はバランス型ファンドか債券投信を選びましょう。ローリスクです!

 

若いうちはミドルリスク・ミドルリターンの投資をやるべき

多くの人は20代から社会人生活がスタートします。収入を得るとお金について考えることも増えるものです。

20代は資産づくりのスタートダッシュをかけるのに最適な時期です。人生でのお金の貯め時は『独身時代・結婚後の子供なし時代・子供が独立してから引退まで』の3つあり、このうちの2つはほとんどの人が20代で迎えます。

そのため20代は比較的『自由になるお金が多い』時期なんです。

 

たとえば30代・40代では、結婚して子供を持つことが考えられますので、結婚・出産・教育費などで、支出が増えるのが一般的です。

住宅ローンの返済、子供の教育費など、数えだすときりがありません(笑)

特に40代以降は支出が大きく膨らむため、投資に回せるお金が少なくなります。

 

若いうちに少しリスクを取って投資をすることをひとつの選択肢として考えてもらえればと思います!