いろはにほへと

FPがお金に関する有益な情報をつぶやきます。

意外と知らない?賃貸契約時に必ず入る「火災保険」のしくみをFPが解説します!

 

f:id:iroha_fp:20200915214027j:plain

 

火災保険というのはみなさんと馴染みの深い保険です。それも、賃貸物件を借りるときに加入していますからね。

しかし、なぜ賃貸なのに火災保険に入らなければいけないのでしょうか?

 

また、火災保険の補償内容は火災だけではありません。一体どんな補償内容が含まれているのでしょうか?

おそらく、知らないことがたくさんあるはずです。わたしたちの生活に密着している『住』について回るのが火災保険ですから、知っておいて損はないでしょう。

 

かんたんに解説していきたいと思います。

 

賃貸なのに火災保険に加入させられるのはなぜ?

 

民法『失火責任法』では、失火者に重大な過失※がなければ、損害賠償責任を負わせないことになっています。

つまり、自分が火事を起こしても、重大な過失がなければ大家さんに対して建物の建て替え費用を負担するなどの責任は負わなくてよいというものなんです!

 

重大な過失というのはタバコの火が消えないままゴミ箱に捨てたり、コンロの火をつけたまま外出したりして起きたケースなどが当てはまります。

 

もし、隣家や隣室から出た火災で自分の部屋に被害があり部屋、建物が焼失してもその失火者に家財一式を弁償させるなどはできません

 

大家さんが私たちに火災保険に入って欲しいのは分かったけど、どうして加入が義務付けられているんだろう??

 

これには『原状回復義務』が絡んできます。

万が一、火災によって建物が焼失したり損害を与えた場合に原状回復するための義務を果たせなくなってしまうので、損害賠償責任が発生してしまいます。

 

この損害賠償責任を果たすために火災保険に入る必要があるというわけです!!

 

火災保険というのは結構広義なんです

火災保険は『建物』に対する保険と、『家財』に対する保険に分けて考える必要があります。

建物に対する保険と家財に対する保険の組み合わせで火災保険の補償範囲が決まるといった感じです。

 

建物は建物本体門・塀・物置・車庫などの建物に付帯していて動かせないもの

家財は家具・家電・洋服など建物の中にあり動かせるものなので、この違いを覚えておきましょう。

 

この家財に対する保険を家財保険と言い、これが賃貸の場合の火災保険の基本となります。

(賃貸物件の建物本体の火災保険(建物)は貸主である大家さんが加入します。)

 

賃貸の火災保険いろいろ

さらに火災の保険には先ほど紹介した『家財保険』の他に、『借家人賠償責任保険』『個人賠償責任保険』の2つあります。

 

借家人賠償責任保険は特約で、大家さんのために入るものです。

原状回復するための損害費用を補償するもの。一般的に家財保険の特約という形で契約することになります。

自身が借りている部屋だけが対象なので、隣の部屋などに損害を与えた場合は、この保険では補償されません。

 

隣家に損害を与えてしまう場合などは、個人賠償責任保険です。

日常生活における身近な事故やトラブルに対して補償されます。ケガをさせてしまった相手への治療費や慰謝料、破損物の修理費や物を壊してしまったときに発生する損害賠償などが対象。

 

個人賠償責任保険については、自動車保険や損害保険の特約として加入することが多いです。すでに加入しているかチェックして補償が重複しないように気を付けましょう!

 

意外と知らない火災保険の補償内容!

火災保険(家財保険)の保障内容は、火災だけではありません。

 

  火災保険適用されるか
火災
落雷
台風
洪水(浸水・高潮など)
外部からの物体の落下・飛来・衝突など
暴力・破壊
地震

 

契約する保険会社やプランによって違いがありますが、暴力による破壊にまで補償してくれます!!これでいつ家を襲われても大丈夫ですね!!!

 

かなり広範囲で補償されますが、地震については地震保険を別途契約する必要がありますので注意してください。

 

まとめ:火災保険は大事な保険です

大家さんや隣家への損害賠償のために火災保険に入るため、火災保険は万が一のリスクに備える大事な保険です。

 

余談ですが、『賃貸契約』と『火災保険契約』は別ものですので、必ずしも不動産屋さんで紹介された火災保険に加入する必要はありません。

補償内容の基準を満たしていれば、自分で火災保険を選んで契約することもできます。

 

保険料を少しでも安くしたい方はネット申し込みが出来る保険を活用するのがFPとしてオススメしています。

 

楽天の保険ではSPU倍率もアップします!!

 

今回は火災保険について解説しましたが、今後自動車保険、生命保険なども順次解説していきたいと思っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!