いろはにほへと

FPがおかねのTIPSをつぶやきます。

保険商品の契約者貸付制度ってなに?どういう時に使うの?

f:id:iroha_fp:20211030125024j:plain

 

今回は「契約者貸付制度」について。実はこれ、いざという時に役に立つかもしれない制度なんです!!

知っておくと便利なので、知らなかった人は覚えていってください♬

 

契約者貸付制度とは

すばり、「生命保険を利用してお金を借りる制度」です!

銀行や消費者金融などではなく、保険会社からお金を借りられる制度なんです。

 

主な特徴として、

・解約返戻金を担保

・保険の契約者のみ利用可能

・保険を継続したまま借入可能

・カードローンよりも金利が低く、借入時の審査不要

などがあります!

 

解約返戻金を担保

解約返戻金を担保にし、保険会社からお金を融資してもらえる制度。生存保険料が含まれている積立型の生命保険を解約した際に支払われるのが、解約返戻金となります!

定期保険のように、解約返戻金のない掛け捨てタイプの生命保険の場合は、この契約者貸付制度を使うことはできないです。

解約返戻金のおよそ7~9割まで借りられるのが一般的ですので、解約返戻金が高くなる保険商品のほうがたくさん借り入れらます。

 

保険の契約者のみ利用可能

契約者貸付制度という名前をしているくらいですので、保険の契約者のみが利用可能です。

保険金の受取人がお金を借りられるものではありませんので注意が必要です。

 

保険を継続したまま借入可能

解約返戻金を担保にしているため、保険を解約する必要なく借入可能です。保険料の支払いが困難なっても契約者貸付制度を利用すれば、保険を継続したままお金を工面できるかもしれませんね。

 

カードローンよりも金利が低く、借入時の審査不要

カードローンは金利に保証料が上乗せされているため年10%を超えるものがほとんど。契約者貸付制度は年3〜6%の低金利で借りられます。

返済日も決まっていないので自分のペースで返済できるんです!

さらに、契約者貸付なら生命保険の加入さえあれば誰でも借りられます。無職でも大丈夫です。審査にかかる時間がなくなるため、融資までのスピードが早いのも特徴ですね!

 

うまく契約者貸付制度を使いましょう!

長い人生、急にまとまったお金が必要になることは一度くらいはあると思います。

そんな時、カードローンだと高い金利を支払わなければいけないため、契約者貸付制度を利用すれば低い金利でお金を工面できるかもしれませんね。

契約者貸付制度が使えると頭の中に入れておけば、いざというときに役に立つかもしれません!

 

今回は以上です。

-----------------------------------------------------------------------------------

◆ココナラでお金の相談やってます(Twitter経由での依頼も可能です)

coconala.com

 

ブログランキング参加中

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村
☝クリックお願いします☝