いろはにほへと

ファイナンシャルプランナーのブログです。

【介護保険のキホン】について簡単にご紹介します♪

f:id:iroha_fp:20210828160432j:plain

 

みなさん、介護保険についてどれくらい知っていますか?実は、40歳になったらみんな介護保険料を払わないといけないんです。

 

今回は、そんな介護保険について、ポイントを抑えてご紹介します!

 

 

社会保険の概要はこちら

社会保険について解説しているページはこちらになりますので、合わせて読んでみてください。

www.irohanihohetooo.com

 

介護保険のポイントは以下4つ!

介護が必要な人に、その費用を給付する保険

・実費の9割(所得に応じて7~8割に減額)が給付

・40歳になると介護保険に加入が義務付けられ、保険料を支払う

・第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳から64歳)の分類がある

 

このあたりを知っておけば基本は抑えられますが、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

基本的には実費の9割が給付(上限あり)され、所得に応じて減額される

介護保険実費の9割が給付(1割負担)されますが、所得に応じて1割~3割負担となっています。(施行当初は全員1割負担)

 

例:「本人の合計所得金額220万円以上」「年金収入+その他の合計所得金額340万円以上」「単身者」であれば3割負担

 

本人の所得額や年金額、単身かそうでないかによって変わりますので、自分や家族が何割負担になるのかくらいはチェックしておいたほうがいいかもしれませんね♪

 

保険料の支払いは健康保険と一緒に

40歳から64歳までの被保険者は加入している健康保険と一緒に徴収されます。

保険料の決め方には各健康保険組合によって違いがあります。

 

介護保険料率は健康保険組合によって異なり、医療保険と同じように被扶養配偶者は収める必要がないよ!

 

年金受給者は年金から天引き

65歳以上の年金受給者は、原則として年金からの天引きで市区町村が徴収します。

しかし、自治体によって介護設備の整備状況や要介護者の人数などの違いいよって金額が違います。

 

低所得者の保険料負担が大きくなりすぎないように、国の調整交付金が使われているよ。

 

第2号被保険者は介護認定を受けないとサービス対象にならない

介護保険の加入者には第1号被保険者(65歳以上の方)と第2号被保険者(40歳から64歳までの方)の分類があります。

 

保険料の支払い義務は40歳からありますが、第2号被保険者は老化に起因する疾病(指定の16疾病)により介護認定を受けた場合に限りサービスの対象となります。

 

40歳から保険料の負担が始まることを頭に入れておこう

このように、第2号被保険者では介護認定を受けなければサービス対象にはなりませんが、保険料の負担は始まります。

 

健康保険料として給与から控除されますので、自動的に健康保険料の負担額が増えることになります。

手取り収入が目減りすることになりますので、生活の負担にならないようあらかじめ40歳から介護保険料が徴収されることを頭に入れておきましょう!

 

しかし、介護認定を受けた場合はサービス対象になりますので、介護リスク軽減としては安心できます。

 

この記事を読んで、介護保険について少しでも詳しくなってもらえたら嬉しいです♪

 

厳選和牛プレゼント!無料見積もり!生命保険の加入、見直し相談!

複数社から無料見積!生命保険の加入、見直し相談はみんなの生命保険アドバイザーへ!

 

生命保険に強いファイナンシャルプランナー(FP)を無料でご紹介致します。

みんなの生命保険アドバイザーのFPさんは、生命保険会社に属していません。そのため1社の生命保険商品に偏ることなく、広く保険商品やライフプランを提案してくれます。

 

無料で相談してもらえるの?!

 

★無料だけでなく厳選和牛などのプレゼントも!

ファイナンシャルプランナーと面談された方限定で、A5ランクの厳選和牛をはじめ、数種類の商品をプレゼントしています!!

 

保険の見直し相談ならみんなの生命保険アドバイザー

 

お金の相談・宣伝活動やってます!

◆お金の相談やってます(Twitter経由での依頼も可能です)

coconala.com

 

◆当ブログで宣伝活動しています

coconala.com

 

ブログランキング参加中

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村
☝クリックお願いします☝