いろはにほへと

FPがお金に関する有益な情報をつぶやきます。

『仮想通貨』ってなに?これから日常生活でビットコインが使われるかも!

 

f:id:iroha_fp:20200620142410j:plain

 

2017年ごろに、ビットコインという仮想通貨がバブルを巻き起こしたのは記憶に新しいですよね!!

日本は仮想通貨大国と言われており、このビットコインの暴騰は日本でのブームを最後に起きたと言っても過言ではありません。

身の回りにもビットコインに投資をしていた人はいたのではないでしょうか。

 

2018年のはじめごろのコインチェック事件』をきっかけとして、バブルが崩壊してしまったため、今では少し注目度が下がってしまいました。 

しかし、仮想通貨はこれからも重要になってくる通貨と考えられています。

 

今回のテーマは『仮想通貨』です。

 

そんなビットコインのような仮想通貨というものが、『なんなんだろう?』という人に分かりやすく解説してみましたので、是非最後まで読んでみてください!

 

仮想通貨とは?日本円とは何が違うの?

仮想通貨(暗号資産)とは、電子データのみでやりとりされる通貨のことを言います。

 

いや、ちょっとよく分からない…

 

仮想通貨の特徴は大きく3つあります。ひとつずつ見ていきましょう。

 

1. 中央管理者がいない

例えば法定通貨のひとつである日本円は、中央銀行の公的な発行主体がありますが、ビットコインなどの仮想通貨には中央銀行のような管理者が存在しない通貨です。(あくまで一般的なようですが)

 

2. 換金可能でサービスなどに使用できる

また、仮想通貨はインターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスに対価として使用できます

電子マネーの場合は日本円などの法定通貨に監禁することはできませんが、仮想通貨は時価で売買をすることができます。

 

3. 発行枚数が決められている

法定通貨では自国の経済状況に応じて、発行枚数を調整してコントロールすることができますが、仮想通貨はそれができません。

仮想通貨は発行数に上限があるものが多く、『流通量と需要によって価格が変動する』という仕組みです。

 

仮想通貨の特徴がちょっと分かった!

 

そこで、仮想通貨は価格が固定されていないため投資の対象になります。

将来の仮想通貨の価格変動を予想して投資することで利益を得ることが可能です。

 

FXと似たような取引がおこなわれている、これがビットコインなどの仮想通貨の取引です!

 

FX(外国為替証拠金取引)とは

FXについて知らない人に向けて軽く説明するよ

FX(外国為替証拠金取引)は『米ドルvs日本円』などといった通貨を売買し、為替の変動による差益を目指す商品があります。

ビットコインのような仮想通貨はこれに似たような性質を持っており、25倍までのレバレッジ(てこの原理)が使えるため少額の資金で高額の取引をおこなえます。

 

日本は世界で最もFXの取引が盛んな国とされているようです。わたしの身の回りでもFX取引をしている人は多い印象があります。

 

 2017年の10月ごろから、『金融庁がFXに規制を掛けるのではないか』との観測が出たため、FX取引からビットコインなどの仮想通貨取引に流れる個人投資家が相次ぎました。

 

日本人はゼロサムゲーム好き?

日本人は昔から銀行預金で確実に資産形成するという風潮があります。

その文化が今でも多いため、『投資』と『ギャンブル』の区別がつかない人がたくさんいます。

 

今でもその名残があるために、元本保証の商品は人気を博していますが、同時にFX取引のようなゼロサムゲームも人気です。

逆に、海外の裕福層や機関投資家ではスタンダードである『長期・つみたて・分散』といった資産運用はあまり浸透していません…。

 

ゼロサムゲームとは、参加者全員の得点と失点の総和(サム)がゼロになるゲームのことを言います。

 

仮想通貨の技術的な要素

ここからは眠くなる話です(笑)

仮想通貨に必要な技術的要素は3つあり、公開鍵暗号方式』『ブロックチェーン』『マイニング』があります。

これらの技術的要素は、銀行のような第三者がいなくても、インターネット上で価値を取引するにあたり必要な技術です。

 

公開鍵暗号方式

公開鍵暗号方式というのは、三者によるなりすましを防止する技術です。

暗号化と復号化に別々の鍵(公開鍵・秘密鍵)を用いることで、暗号化した鍵を公開できるようにした暗号方式です。

公開鍵は誰でも簡単に入手できる公開された鍵ですが、秘密鍵は1つしかありません。

 

この公開鍵暗号方式を利用することで、データの安全性を確保できることが一番大きなメリットです。

なりすましの脅威への対策となるため、仮想通貨にこの技術が応用されています。

デジタル署名にも使われていて汎用性が高いよ!

 

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、当事者による二重支払を防止する技術です。

ビットコイン開発の過程で生まれた技術で、取引記録する分散型台帳を実現するためのテクノロジーです。

 

トランザクション』と呼ばれる取引データがあり、それをまとめたものが『ブロック』と呼ばれています。

このブロックが鎖状(チェーン)になったデータ構造のことを『ブロックチェーン』という名前の由来になっています。

 

このブロックチェーンの技術を使うことで、ネットワーク上の不特定多数の参加者の取引データが監視され、『当事者による二重支払が発生しても、即時に不正と分かるため破棄される』という仕組みになっています。

仮想通貨の代表する技術がブロックチェーンだよ!

 

 

マイニング

マイニング(mining)には採掘という意味があり、専用のプログラムで仮想通貨を新規発行する技術です。

ビットコインを例にしますが、通貨としてのビットコイン新規発行は、マイニングを通じてしか行うことができません

 

『仮想通貨の新規発行』というのは、トランザクションを含んだブロックを生成する作業のことを指します。

 

マイニングについて細かいことは難しいので分かりませんが、興味のある方はググってみて下さい(笑)

 

仮想通貨の可能性は高く、絶賛拡大中!

現在ではビットコインなどの仮想通貨を使ってサービスや物品を購入できる場面は少ないですが、そのうち日常生活で仮想通貨が当たり前に使われる可能性だってあります。

 

万が一、国や銀行が破綻したとしてもビットコインは問題なく利用することができます

 

ある意味ハイパーインフレを起こさないという意味では安全資産なのかもね

今は通貨の変動が大きく投機的要素が強いですが、今後安定資産として注目される場面がないとも言い切れません。

 

すでに海外では仮想通貨による取引が浸透してきています。仮想通貨の仕組みを理解し、これからの投資への選択肢として考えてみるキッカケとなれば嬉しいです!

 

以上です!